ブログ

貊村/無農薬オリーブオイル[れなり]

myakuson09
株式会社貊村は、農哲学院の自修として設立されました。

農哲学院は、人間としての本来の生き方を求める人々が集まり、東アジアの先人の智慧を学ぶ教育機関です。日本、韓国、ヨーロッパに生活する40名ほどの院生それぞれが独立して活動しています。みゃくそんの発起人となった40名です。

 

みゃくそんは、農哲学院の教え・命を学ぶ「いただき繕の生き方」の実践です。

新たにはじまるこの活動が、[生き方を仕事に] 株主の未来を照らす希望の『村』。世界中がひとつの『村』となるよう願いを込め、会社名を貊村(ミャクソン)と命名しました。

みゃくそんは、すべての命がモノや手段ではなく”いのち”として循環する社会を願い、自分自身がどうありたいか「生き方」を実践しています。

myakuson02

まったくあたらしい会社のカタチ。
でもそれは、とっても当たり前のカタチです。

今、私たちは社会が大きく変わっていく時代を生きています。
当たり前だと思っていたことがどんなに不自然なことであったのか、多くの人が気が付き始めています。

自分自身が納得する生き方であるから自分の本心が嬉しい。
さらに、自分の仕事の結果が他人にも喜びの機会を与える。

―――-これほど幸せな人生があるでしょうか。

人々に“いのち”を伝える事が、心を共にする真の仲間作りとなり、
この輪が日本中に広まって、すべての命が“いのち”として循環する世界がはじまることでしょう。

資本主義の向こう側へ
多くの賛同者がこの貊村の取り組みを説明してくださっています。
参考までに三宅洋平さんのブログをお読み下さい。
https://ameblo.jp/miyake-yohei/entry-12231645637.html

 

line-800_R

みゃくそんが扱う食品は、オリーブオイルです。

2016年7月1日に株主募集をスタートし、2017年11月には当初の目標であった一万人となりました。
需要が増えることで原価が下がるシステムにより、日本中に良質なオイルが当たり前に手頃な価格で手に入る社会を目指し、100万人の株主を目標に活動しております。

myakuson03

myakuson04

myakuson07

オリーブオイルの定義
エキストラバージン・オリーブオイルとは、オリーブの果実をその日のうちに低温抽出(コールドプレス製法)で得られた一番搾りの純粋なオイルの呼称です。[れなり]は、スペインの組合で直接タンク買いし、その場でビン詰めすることで混ざり気のないことを保証しているオイルです。

■オリーブオイルの主な効能
オリーブオイルに最も多く含まれるオレイン酸の特性は、悪玉コレステロールを減らし、血液サラサラ。動脈硬化などで引き起こされる生活習慣病の予防にもなります。
酸化は老化! 活性酸素の働きを抑える抗酸化作用が高く、錆びない身体作りで老化を抑え、腸の働きを整え、体脂肪が溜まりにくいのでダイエット効果や、美肌効果。脳の活性化で痴呆予防(※)も期待できます。

(※)脳の65%が油です。オリーブオイル特有のピリリとした刺激の原因物質である「オカンタール」は、アルツハイマー病の脳の炎症を抑え傷を修復したり、脳の健康を守る作用があります。
無農薬栽培であり薬品処理や混ざりモノのないオイル[れなり]だからこそ活かされる効果です。

オリーブオイルでの加熱調理
エキストラバージン・オリーブオイルの発煙点は180~200度と高く酸化しにくいため、加熱調理に最も適したオイルであり、天ぷら・揚げ物などに何度も使用しても安定した効果が得られますので、天ぷら油を炒め物に再利用も出来るため、最後の一滴まで捨てる必要の無い経済的なオイルです。

■オリーブオイルの利用法
和食・洋食、どんな調理にもお使いいただけます。
独特の苦みや辛みが動物性の臭みを取ります。
・油料理全般 ・煮物などの仕上げの風味付けに。
・ドレッシング、マヨネーズ作りに。
・バターやマーガリンの代わりに・お菓子作りに。
・オイル漬けなど保存食作りに。
食用に限らず、マッサージ、クレンジング、髪や全身の保湿などの美容として。日焼け対策や日焼けで炎症したお肌のケアにもお使いいただけます。
小さなお子様や、赤ちゃんのおむつカブレな
どにも安心してお使いください。
※適正や効果には個人差がありますので
パッチテストを行なってください。
[れなりグリーン]の賞味期限は、2018年6月です。

[れなり]に関する詳細はHPをご覧下さい
れなりのこと http://myakuson.co.jp/renari-2/

myakuson05

myakuson06

line-800_all

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。